スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指令:「近接魔法を説明せよ」

システム担当者の「888型」です。
※この日記は凄く……長いです……

「マジカ★マジカ」の世界には魔法が存在します。それも現代社会と溶け込む形で非常に柔軟で汎用性の高いな技術として生活に根付いています。でも誰もが“魔法でやりたい放題”とすると、そんな秩序が成立するわけがありませんよね。「マジカ★マジカ」の魔法には、そういった矛盾がシナリオに影響が出ないように、シナリオ作成より前に魔法についてそれなりに綿密な背景設定を設けていた時機がありました。あまりに前の資料なので、現在リリースされている本編と食い違っている部分は多々あるでしょうが、折角こうして開発日記があることですし、これを機にここだけの設定資料として少しずつ公開していきたいと思います。

今回は「八色沙紀」の所属する騎士学科のような、セフィロトでは前線で戦う魔術師の魔法、近接戦術魔法についてです。魔法といえば概ね、火球や雷を飛ばしたりする後方からの射撃的なイメージが強いですが、「マジカ★マジカ」では魔法体系を理論化し、様々な技術へ転用する経緯を経て近接戦闘での応用も可能になったようです。
近接戦術魔法における近接戦闘の距離は、術者から5メートル半径を指し、攻撃分野と付与分野と移送分野に大別されます。一般科でも付与分野と一部移送分野の魔法習得を必須ですが、騎士学科などはここに攻撃分野が必須課題に加わります。

■近接戦術系:攻撃分野
遠距離のそれと変わらず、魔力で攻撃する種類の魔法になりますが、距離や威力を犠牲にし、その分だけ魔力の消費コストを軽減したり、近接戦闘中でも迅速に、かつ応用性を高く発動できるようなカスタマイズをすることが多いです。近接戦術においてはこれらの魔法は敵前衛への牽制の位置づけであり、主はやはり武器などによる直接打撃になります。「八色沙紀」はこういうちまちましいのはあまり得意としません。

■近接戦術系:付与分野
自身や武器に対して魔力を注ぎこみ、既存の性能を強化したり、特別な性能を付与する類の魔法です。例えば体力や俊敏性を高めて従来よりも高い身体能力を獲得したり、刃身に魔力や炎を宿して打撃力を増加する、簡易な魔法防壁を周囲に展開して相手の魔法攻撃への耐性を得るなどで、前線で身を挺して戦う近接戦術の担当者にとっては大変重要な分野でしょう。「八色沙紀」はこの分野に強く、俊敏さと攻撃力と防御力を一度にを飛躍的に高める反則な魔法をオリジナルで構築するほどに修熟しています。

■近接戦術系:移送分野
ある物体を移動させたり、運動量に対して影響を及ぼす魔法の中で、近接戦術に応用できるものがいくつかあります。人気があるのは短距離瞬間移動や攻撃速度の向上、相手の移動を足止めするための魔法などです。変わったところでは投擲or射撃武器の速度向上などに転用するという試みもあるようですが、攻撃分野の魔法に比べて費用対効果が悪いということからあまり一般的ではないようです。

……うん、長いですね。近接戦術の魔法のことだけでもう十分読み難い。携帯だともう目が痛くなりそうです。とまぁ、そんなわけでこれらの設定が本編に活かされているかはともかく、「マジカ★マジカ」はその完成までに表立って見られることはない、様々な設定が錯綜して現在のものができあがっているのです。好評を博すことがあればまた次回の日記もこんな感じのを掲載していきたいものです。まだ数ファイルほどそんな無駄設定テキストが残っているだけに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。