スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指令:「システム最終段階を詰めよ」

システム担当者の「888型」です。

『マジカ★マジカ』のシステム詰めも、今では佳境となっています。方々の人から「あれはこーならないのか」「これはそーならないのか」「それはどーしたほうがよくないか」といった言葉が方々から錯綜します。そうです、システム詰めはその終盤こそが鍵!それまでの過程がただ一人で書類作成に奮闘すれば良いのに対して、終盤は人と人との間のやり取りや意志共有を併行しながら進める、血で血を洗い、肉を切って骨を断つ仁義無用の修羅場タイムなのです!それまでの進行との違いはドラスティックで、ゲームで言うなら唐突にジャンルの違うゲームが入ったような違和感を覚えます。それは、昔にファミコンにあった「月風○伝」というゲームが横スクロールアクションから唐突に3Dダンジョンになるなどを例に挙げるまでもないでしょう。

プレイヤーの皆さんのお目にかかることはまずないだろうこの開発用の説明マニュアル「仕様書」の作成作業ですが、この時、仕様書がしっかりしてないと意志共有が磐石なものにならず、各方面から「あれがどーなっているのか」「これがどーなっているのか」といった仕様についての質問が矢継ぎ早に飛んでくるだけでなく、ある方面から来る「それをこーしてほしい」みたいな改善が、別方面の開発における障害になったりといった仕様上のトラブルが頻発します。なにせ開発者はそれぞれ自分の開発範囲、に並々ならぬこだわりを注いでいるので。だから仕様書には明確に目的や内容を判りやすくかつ正確に書いておく必要があるのです。教皇子午線みたいに。ところで私の仕様書は、私の日記がそう評されるように、実に「長文過ぎて目が滑る」と評判です(苦笑)。事細かに書いた方が良い場合もあれば、大まかに説明しなければならない場合もある、仕様書は書き手によって様々な書き方がありますが、同時に読み手へ伝える目的でも、いくつもの書き方があるのです。嗚呼、地味なる我が仕様書道、いまだ道半ば!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。