スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指令「後方魔法を説明せよ」

システム担当者の「888型」です。
この日記も長めでございます。

前回の私の開発者日記の内容について、メールでご意見やご感想などをいただけました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。さてもそのようにして皆様からも応援のお便りをいただけておりますという事実を糧に、私は今回も開発者日記で長々と魔法についての設定を掲載していっちゃおうと思います。前回の日記で目が泳いだ眼精疲労になったという方につきましては読むのを一旦お休みになって、遠くの緑を眺めて、ドリームキャストを押入れから取り出して「シーマン」をプレイして心身のリフレッシュをかけてから再度挑戦いただければと存じます。

今回は「小森陽菜 」の所属する白魔術学科やフォルトゥナ編の劇中ではまだ登場してませんが一応設定はある黒魔術学科のような、セフィロトだと後方で支援する魔術師の魔法、後方戦術魔法についての解説です。ある意味ではもっとも魔術師らしいイメージに即した、後ろのほうで距離をおいて長々と呪文を詠唱したりする戦い方が、この分野にあたります。
後方戦術魔法における戦闘距離は、術者から6メートル半径以遠を指し、攻撃分野と防御分野と治癒分野に大別されます。後方戦術魔法は消費魔力や準備する道具も多いため、一般学科ではあまり取り扱われない、専門知識に属する系統です(我々の世界で解釈するなら「プログラミング」「電子工学」のような専門性でしょう)。また後方戦術魔法はその組み立ての自由度から、長節詠唱主義、媒体祭具主義、魔法陣主義、儀式主義など講師によっても異なる様々な理論が提唱されています。

■後方戦術系:攻撃分野
黒魔術学科で特に重視される分野です。一定距離をおいた後方から、魔力そのものまたは魔力で構成した爆風や稲妻や石弾などによって攻撃します。距離や威力や範囲など効力面では戦局を左右するほど圧倒的であり、多少の魔法防御などは紙も同然とされています。「マジカ★マジカ」の世界でも現代戦術の基本は圧倒的火力の集中投入であることにかわりはありません。セフィロトでも後方戦術をいかに完全な性能で発揮させるかが勝負の要で、近接戦術はその妨害牽制でしかないとする戦術論は今なお根強いです。

■後方戦術系:防御/迎撃分野
黒魔術、白魔術学科ともに開発を進める分野で、一定範囲や味方任意数を対象として防衛効果を発揮する魔法です。魔力の障壁などを張り巡らせて敵魔法を防いだり効力を軽減するなどの専守防衛を主眼とした白魔術学科と、詠唱者に苦痛を与えて魔法を中断させたり敵術者にそのまま魔法を反射する呪詛返しなど迎撃と反撃を主眼とした黒魔術学科では大きく防御に関する思想は異なります。しかしこれらの防御および迎撃は敵の後方からの大規模な攻撃魔法を想定した防衛構想という意味では同じであり、これらの魔法の発明がそれまで後方戦術一辺倒だった魔術師たちの戦術論に革命を呼んだのは間違いありません。

■近接戦術系:治癒分野
白魔術学科において特に重視される分野です。近接戦術を担当する騎士などとは比べ物にならない大規模な回復魔法であり、社会でも医療分野で大きく貢献しています。簡易なものは疲労回復や苦痛を緩和するものから、大規模なものには意識の覚醒、四肢の再接合、超再生能力の付与などといったものまで様々です。一般には術者の詠唱や、アロマなどの祭具を利用したもの、あるいはマッサージなどの物理的接触で治療する場合が多いですが、中にはバットで殴ったりする変り種もおり、地方ごとの宗教と融和し道徳性と共に発展した白魔術のあり方からすれば、こうした方法論には異を唱える者もいるようです。

というわけで今回は後ろでムニャムニャしている影の立役者、後方戦術を担当する魔術師についてお話しました。近接戦術担当者が目前の敵と相対して臨機応変に対応しなければいけない分、後方にいる彼らこそが戦局全体を見極め、長期展望を含めた戦術を構築する役割といえるでしょう。アメフトで言えばクォーターバックであり攻撃と防御の要なのです。勿論、これはシナリオ作成前の設定なので実際にはどの程度反映しているのか分かりませんが、願わくば前で華々しく活躍する騎士たちだけでなく、こうした後ろで努力に勤しむ人々にもさらなるスポットライトがあたりますことを(小森さんとかこのへんで頑張っています)。
スポンサーサイト

指令:「近接魔法を説明せよ」

システム担当者の「888型」です。
※この日記は凄く……長いです……

「マジカ★マジカ」の世界には魔法が存在します。それも現代社会と溶け込む形で非常に柔軟で汎用性の高いな技術として生活に根付いています。でも誰もが“魔法でやりたい放題”とすると、そんな秩序が成立するわけがありませんよね。「マジカ★マジカ」の魔法には、そういった矛盾がシナリオに影響が出ないように、シナリオ作成より前に魔法についてそれなりに綿密な背景設定を設けていた時機がありました。あまりに前の資料なので、現在リリースされている本編と食い違っている部分は多々あるでしょうが、折角こうして開発日記があることですし、これを機にここだけの設定資料として少しずつ公開していきたいと思います。

今回は「八色沙紀」の所属する騎士学科のような、セフィロトでは前線で戦う魔術師の魔法、近接戦術魔法についてです。魔法といえば概ね、火球や雷を飛ばしたりする後方からの射撃的なイメージが強いですが、「マジカ★マジカ」では魔法体系を理論化し、様々な技術へ転用する経緯を経て近接戦闘での応用も可能になったようです。
近接戦術魔法における近接戦闘の距離は、術者から5メートル半径を指し、攻撃分野と付与分野と移送分野に大別されます。一般科でも付与分野と一部移送分野の魔法習得を必須ですが、騎士学科などはここに攻撃分野が必須課題に加わります。

■近接戦術系:攻撃分野
遠距離のそれと変わらず、魔力で攻撃する種類の魔法になりますが、距離や威力を犠牲にし、その分だけ魔力の消費コストを軽減したり、近接戦闘中でも迅速に、かつ応用性を高く発動できるようなカスタマイズをすることが多いです。近接戦術においてはこれらの魔法は敵前衛への牽制の位置づけであり、主はやはり武器などによる直接打撃になります。「八色沙紀」はこういうちまちましいのはあまり得意としません。

■近接戦術系:付与分野
自身や武器に対して魔力を注ぎこみ、既存の性能を強化したり、特別な性能を付与する類の魔法です。例えば体力や俊敏性を高めて従来よりも高い身体能力を獲得したり、刃身に魔力や炎を宿して打撃力を増加する、簡易な魔法防壁を周囲に展開して相手の魔法攻撃への耐性を得るなどで、前線で身を挺して戦う近接戦術の担当者にとっては大変重要な分野でしょう。「八色沙紀」はこの分野に強く、俊敏さと攻撃力と防御力を一度にを飛躍的に高める反則な魔法をオリジナルで構築するほどに修熟しています。

■近接戦術系:移送分野
ある物体を移動させたり、運動量に対して影響を及ぼす魔法の中で、近接戦術に応用できるものがいくつかあります。人気があるのは短距離瞬間移動や攻撃速度の向上、相手の移動を足止めするための魔法などです。変わったところでは投擲or射撃武器の速度向上などに転用するという試みもあるようですが、攻撃分野の魔法に比べて費用対効果が悪いということからあまり一般的ではないようです。

……うん、長いですね。近接戦術の魔法のことだけでもう十分読み難い。携帯だともう目が痛くなりそうです。とまぁ、そんなわけでこれらの設定が本編に活かされているかはともかく、「マジカ★マジカ」はその完成までに表立って見られることはない、様々な設定が錯綜して現在のものができあがっているのです。好評を博すことがあればまた次回の日記もこんな感じのを掲載していきたいものです。まだ数ファイルほどそんな無駄設定テキストが残っているだけに。

指令:「山田の情報を収集せよ」

システム担当者の「888型」です。

「マジカ★マジカ」をお楽しみいただけておりますでしょうか。このゲームではホムンクルスや自身を育成し成長させながら進行させていく育成アドベンチャーとなっています。そして育成させた能力値に最も関わりのあるもの、それがストーリーの展開というわけです。もしも何度プレイしてもバッドエンド的なものに陥っている場合、それはそれまでの選択肢やヒロインに対する態度以外にも、あなた自身やホムンクルスの能力値が原因かもしれません。実際、私もデバッグプレイで失敗したことが二、三度ほどあります。

しかし、一方でどんなに頑張っても攻略できないキャラクターも存在したりします。彼女らが後日に攻略できるようになるのかは期待がもたれますがさておき、現在のところではどんだけ試行錯誤を繰り返しても、彼女に尽くしてもまったく毛ほどもなびいてこない至高の存在。人はなぜその到達し得ない高みの場所にこそ挑もうとするのか。それは業か性か、はたまた宿命なのか。

20091030.jpg

私としては一も二もなく、購買部の山田さんを攻略したいと思っております。彼女については様々な情報(山田という名前が襲名制度であることや、学園ごとに同一人物としか思えない山田が存在してクローン説まで浮上していることや、彼女の本名のことなど)がH氏から聞き出せています。今後もH氏と山田さんからは目が離せません。彼女の本編攻略が訪れるその日まで!!

指令:「デバッグに萌えよ」

システム担当者の「888型」です。

いよいよ、「マジカ★マジカ」もリリースまで大詰め(本当はもう少し早い段階でリリースされる予定だったのですが、様々な不具合と、方々からのこだわりとがせめぎあった結果、少し先延びしてしまったようです。楽しみにされている方々にはこの場を借りてお詫び申し上げます)。即ちここにきて最後の難関「デバッグ」です。

デバッグに必要なのは三つ。繰り返しのデバッグ作業に耐える、シナリオに熱中することなく常に一歩退いてバグ発見に目を凝らす冷静さ、あらゆる思考をバグが発生するだろう場所への推測に傾ける思考力です。
シナリオやキャラクターに没頭していては、完全なデバッグなどできません!!常に意識を何処にあるとも知れないバグに向け、ゲノム兵のようなザルの警戒態勢でアリ一匹許さない心構えが重要です!!
20091019.jpg
はっ!!いつのまに、私の日記になんか今攻略中のヒロインのイラストが添付されている!な…何を言ってるのかわからねーと思うが、俺もデバッグ中に何をされたのかわからなかった…。この絵、見覚えが……全然あるっ!!はっ!!なるほど、うわははははははは、これはオレの絵でしたァぁぁぁ いつの間にかぁぁぁー!!

指令:「次なる戦局に備えよ」

システム担当者の「888型」です。
省みれば結構長い間、私はブログから離れていたようで、どうもご無沙汰しておりました。システムができあがって、現在ではデバッグもほぼほぼ一応終わっている状態です。まぁ最上のクオリティを求める以上、そこには厳密な意味での終わりはないのですが、仕様設計の担当者としては、通り一遍の機能が適切に稼動していることが確認できた今、一段落した気持ちになるのも仕方ないといえるでしょう。

しかし、週間少年ジャ○プをの打ち切り漫画が巻末のほうで「ボクらの冒険はまだ始まったばかりだ!」と声高らかに叫んでいるのを例示するまでもなく、本作『マジカ★マジカ』の開発も実際はまだ始まったばかり、そう、私はというとすでに次の新機能や、ストーリーの更新に向けての準備を着々と進めております!そんな準備の一端として、Hさんの要請の元で描いたのが以下の設定画でございます。
20091008.jpg

魔法使いの杖の三点盛りです。私が何ゆえに杖などと地味系なものを3本も描いているか、その詳細は現段階ではわたしの口からはお伝えできないのですが。ちなみにデザインについてのコードネームで言うなら真ん中は「スレ○ン杖」、右は「ミッド○ルダ杖」と私の脳内では呼ばれております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。